ジュルナル・ドルトグラフ

とにかく自分の趣味やら、日常の出来事やらを書いていこうと思います。三日坊主な所がありますが、そこは、生暖かく見守って下さいm(_)m

pour vivre ici(ここで生きるために)

タイトルに深い意味はありません(汗)確か授業でこんなタイトルの詩を聞いたような気がする・・・(←覚えろ)



昨日は、午前から昼にかけて、卒業した高校の文化祭へ行ってました(出身高校に行くのは約4年ぶり)。全体的に高校の建物の感じはそんなに変わっていなかったのですが、私が卒業した後、中学校が出来ていたり(中高一貫校になったのです)、通学路にレストランやショッピングセンターが出来ていたりと、変わっているところもありました。校内を巡って出し物を見ていたり、当時の担任の先生と再会して色々話をしたりしました(突然の訪問にもかかわらず、ありがとうございました)。
昼過ぎて、家族とももと一緒に都幾川(ときがわ)というところへ行って、そこにある雀川に浸かってました(足だけ 笑)。雀川、すっごく澄んでいてきれいでした♪(それでも、台風の後だったので、多少濁っていたようでしたが:母談)流れる水に浸かっていると、すっごく気持ち良いvv帰りはそこにある豆腐屋さんの豆乳アイスを買って食べました(美味でした♪)。

何か、夏休みは仕事とどこかへ出かけるの繰り返しになっているような気がする^^;(それも良いかな)

ところで、台風のあった日、職場までのルートを変えて行きました(いつも使う電車で止まったり、本数減らしたりしているのがあったから 汗)。台風があると、電車の運行状況が気になるんですよね。

そうそう、4日はももの誕生日でした(黒男の日と2日違い^^←何)。6歳になりました。

070909_2310~01.jpg


070909_2310~02.jpg


これからも元気に長生きしてね。

ちなみに、BJ先生描けませんでした・・・;;またの機会に・・・(←描くな)
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<『トマーテ』飲んでます | ジュルナル・ドルトグラフ | 風の音が凄い…汗>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

生きる『生きる』(いきる)#黒澤明監督による、1952年の日本映画。以下に記述。#セミョン・ティモシェンコ監督による、1933年のソビエト連邦|ソ連映画。#谷川俊太郎作詩、新実徳英作曲の第65回NHK全国学校音楽コンクール(1995年)高等学校の部の課題曲 …
2007-09-11 Tue 13:43 ももかのblog
∧top | under∨
| ジュルナル・ドルトグラフ |